本文へスキップ
患者・家族のQOLの向上を目指して…

高知県網膜色素変性症協会

会の沿革と入会について

 本会は2010年9月に、全国的な患者組織である公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)の連携団体として歩き始めました。

 私たちは、高知県内の患者及び家族などのさまざまな悩みの軽減や生活の質の向上、網膜色素変性症に関する正しい知識の普及のために、ルミエールサロンや県内の保健所、難病相談支援センター、盲学校、医療機関などと連携しながら、勉強会や相談会、交流会などさまざまな事業を年間を通じて開催しています。

☆会員について

 本会の会員は、日本網膜色素変性症協会の会員のうち、高知県内に在住する方々となります。
 つまり、本会に入会しようとする方は、全国組織である日本網膜色素変性症協会の会員となる必用があります。

 そして会員には、患者会員、医療従事者会員、支援会員の三種類があります。
 

患者会員
網膜色素変性症及びその類縁疾患の患者さん及び、そのご家族
医療従事者会員
網膜色素変性症などの研究・治療に従事する医師の方や、リハビリテーションの研究・指導をする方、補助機器の開発・製作・取扱いなどをする方
支援会員
本会の目的に賛同し、活動のお手伝いや物資・金銭などの支援を行ってくださる個人または団体

☆入会申込みについて

本会への入会を希望される方は、下記リンクの「JRPS入会お申し込みフォーム」に必要事項を入力して送信してください。
※ 年会費は5,000円で、入会金などはありません。